入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
七尾税務署管内青色申告会連合会定時総会

 7月20日(金)、七尾税務署管内青色申告会連合会は、平成29年度定時総会を開催。中越政秀会長は、会員が一致団結し、税制改正要望運動やイータックスの普及や利用推進を積極的に進めていきたいと挨拶した。

 議案審議では、平成29年度事業報告並びに収支決算、平成30年度事業計画(案)並びに収支予算(案)を審議し、いずれも承認可決した。

 最後に、森谷弘一郎七尾税務署長に祝辞をいただき、総会を閉会した。総会後開催された懇親会においては、谷口幸治七尾税務署管内青色申告会連合会監事の挨拶の後、森谷税務署長の乾杯にて開演、今後の税務の在り方について活発な意見交換があった。

七尾特産品協会 先進地視察研修

 7月18日(水)、七尾特産品協会(奥村山海会長)ら12名は、愛知県岡崎市の「八丁味噌の郷」にて先進地視察研修を行った。

 「八丁味噌の郷」は、名古屋グルメに欠かせない赤味噌の代表ともいえる八丁味噌を作っている正保2年(1645年)創業の老舗味噌店。製造過程の貯蔵庫や工場を視察した。

 八丁味噌は味噌作りでは一般的な米麹は使わず、大豆と塩だけで作られている。約2年以上かけて天然熟成させると美味しい八丁味噌ができあがる。

 午後は、イチロー記念館を見学。幼少期から現在に至るまで、イチローに関するありとあらゆるものが展示されていた。

第23回「海の日」記念式典・海上安全祈願祭

 7月16日(月・祝)、第23回「海の日」記念式典及び海上安全祈願祭が、七尾マリンパークにて開催され、七尾港整備・促進協議会関係者らが、七尾港のさらなる発展と海上運航の安全を祈願した。

 式典では、七尾港整備・振興促進協議会大林重治会長の式辞にて始まり、続いて七尾港海事功労者の表彰、久保田昌行七尾港長七尾海上保安部長をはじめ、各来賓より祝辞が述べられた。

 海上安全祈願祭では、大林重治会長らが玉串を捧げ、大森信夫七尾港整備・振興促進協議会副会長が「皆様と力を合わせ、七尾港の発展に全力を尽くしたい」と挨拶し閉会した。

海上自衛隊多用途支援艦「ひうち」が入港

 7月14日(土)~15日(日)、海上自衛隊多用途支援艦「ひうち」が七尾港矢田新第一埠頭に寄港した。

 入港歓迎式典は、大森信夫七尾港整備・振興促進協議会副会長(七尾海陸運送㈱社長)の歓迎の言葉で始まり、西田昭二衆議院議員、不嶋豊和七尾市長が来賓を代表して挨拶された。

 ひうち艦長の新宮健吾様よりお礼の言葉があり、式典は終了した。船内の一般見学の他に、制服試着コーナーや自衛隊車両の公開もあり、埠頭は大勢の市民で賑わった。

能越商工観光懇談会要望会

 7月12日(木)、富山県西部地域と石川県能登地域の8商工会議所・商工会で組織している能越商工観光懇談会の要望会は、中西吉明石川県副知事はじめ県・国関係機関に対し、能越自動車道全線の整備促進、七尾港の整備促進など能登地域の道路・鉄道・港湾関係10項目について要望書を提出し、当所から高澤副会頭、楠事務局長が参加した。

 また、8月6日には、国土交通省北陸地方整備局に対してそれぞれ要望した。要望項目は、下記のとおり

  1. 能越自動車道全線の整備促進等について
  2. のと里山海道の早期全線4車線化について
  3. 一般国道159号の整備促進について
  4. 一般国道249号の改良整備促進について
  5. 一般国道415号の整備促進について
  6. 一般国道160号の整備促進について
  7. 北陸新幹線新高岡駅の“かがやき”定期便の停車と臨時便の継続・増便について
  8. 北陸新幹線の敦賀までの早期開業と大阪までの早期全線開通について
  9. JR七尾線・のと鉄道の活性化に向けた支援について
  10. 七尾港・輪島港港湾整備事業の促進について
←前ページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | 次ページへ→ >>