入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
<< 2016 年 12 月 >>
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
七尾城の魅力発見と発信のプロジェクトスタート

 11月1日(火)、当所は、のと共栄信用金庫、攻城団合同会社とともに、七尾城の魅力発見と発信のプロジェクトを開始し、地域資源である七尾城をキーにして、七尾市の観光活性化に共同で取り組むことを発表した。この共同事業は石川県産業創出支援機構(ISICO)が運用する「いしかわ産業化資源活用推進ファンド」を活用して実施する。

 広く知られていないが、七尾城はかつて上杉謙信も攻めあぐねた難攻不落の山城で、お城自体は実存しないが、難攻不落の基となった山城という地形を活かした「野面(のづら)積み」の石垣が現存している。また、七尾城がある七尾市は、狩野永徳らと並び、桃山時代を代表する絵師である長谷川等伯の生まれ故郷でもある。

 本事業では、七尾城を中心とした埋もれた歴史スポットや魅力的なストーリーを紐解き、これまで十分に県内外に発信できていないという課題を解決し、地方創生に活かしていきたいと考えている。事業実施に向けた研究会を発足し、石川県立七尾東雲高等学校、七尾城山を愛する会、七尾市教育委員会にも協力を仰ぎ、事業を実施していく。

 具体的な取組みとしては、七尾東雲高等学校の2年生が現地フィールドワークを実施し、七尾城の魅力を学び、七尾市街の歴史スポット、飲食店などを含めた観光マップを作成する。成果物は市内の観光スポットなどに設置し、紙媒体だけでなく攻城団合同会社が運営するお城めぐり支援サイト「攻城団(https://kojodan.jp)」を通じて、お城好きのターゲットにダイレクトに発信する。また、フィールドワークやマップの制作過程を攻城団がレポートし、同サイトへの掲載も実施してく。マップ作成後には市内での発表会や、実際に出来上がったマップを使ってのボランティアガイドイベント、首都圏での出張PRイベントの出展などを予定している。

七尾街づくりセンター株式会社定時株主総会

 10月31日(月)、七尾街づくりセンター株式会社は、七尾商工会議所において第19期定時株主総会を開催した。

 総会の冒頭、濱代表取締役が挨拶し、「中心市街地の活性化のために、今後も、活動を行いますので、株主の皆様のご協力をお願いします」と述べた。

 続いて議事に入り、第19期営業報告、貸借対照表、損益計算書及び株主資本等変動計算書、その他資本剰余金及びその他利益剰余金について事務局より報告があり、登美監査役より監査報告がされ、それぞれ可決承認された。

 次に、第20期事業計画、収支予算案について説明があり可決承認された。この他、出席株主より、今後の会社運営の方向性等の助言もあり、総会を閉会した。

香りの記念日イベント ~能登食祭市場モントレー広場にて開催~

 10月30日(土)、能登食祭市場モントレー広場にて、「香りの記念日イベント」を開催した。

 冒頭、木下八重子女性会会長が「香りの記念日は、1992年10月30日に『世界の香りフェアIN能登』が開催されたのを機に七尾市が制定、これを記念したコンサートなどの活動を行ってきた。今年は、七尾東雲高校のダンス部「タービュランス」のメンバーと山王小学校6年生の子ども達が出演し、会場の皆様に若い力の香りをお届けしたい」と挨拶した。

 はじめに、石川県立七尾東雲高校ダンス部「タービュランス」15名が出演し、乱気流のごとく迫力のあるダンスで、会場を大いに盛り上げた。続いて、七尾市立山王小学校6年生の児童9名が、石川県無形民俗文化財に指定されている伝統芸能の「七尾まだら」を披露し、訪れた観客を魅了した。会場は若い熱気あふれるパワーに包まれ、約100名の観客に見守られる中、大盛況の内にイベントを終了した。