入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
季刊誌 能登編集長経塚幸夫氏 ~能登の魅力を伝え方~を講演

 11月27日(火)、会員大会終了後、季刊誌「能登」編集長の経塚幸夫氏を講師に招き、「能登の魅力の伝え方」をテーマとした講演会が開催された。

 経塚氏は、能登は歴史が見える形で存在していることが、能登の魅力であると述べた。また、能登のキリコを活用するためには、能登のキリコ祭り全体を調べ、かつ研究した論文が必要とも述べた。

 最後に、これからの能登の魅力を発信するためには、美しい能登の里山里海を活かすことである。そのための施策として、耕作放棄地・森林の手入れ、看板の規制、能登キリシマツツジの植栽等をあげ、美しい地域づくりが重要であると結んだ。聴講者は、熱心に講師の話に耳を傾け、能登の魅力づくりに対する理解を深めていた。