入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
青年部
9月定例会

 9月16日(日)、9月定例会として第8回ジュニア・エコノミー・カレッジinななおのアクティブセミナー2日目が、商工会議所で行われた。

 参加児童はこれまで準備してきた商品プランや店づくりプランを模擬銀行・株主となる保護者にむけて懸命にプレゼンテーションを行い、目標の資金調達に成功した。

 また、今年度青年部では、台風により延期となったが10月21日(日)にリボン通りにて、「YEG Fes inリボン通り」と題したイベントを開催する。ジュニエコの販売実践だけでなく、ストリートライブや、ストリートマーケットとして、クラフト雑貨の出店・地域の福祉事業施設・大手町商店街連合会ななおまちあるきともタッグを組んで、かつてのリボン通りの賑わいを取り戻そうと、企画している。

 10月21日に向けジュニエコ参加児童は、仕入れ、調理の練習、宣伝のためポスターの配布など行い、青年部も延期の影響による変更の対応と告知に努めている。

役員会及び臨時総会

 9月12日(水)、七尾商工会議所青年部は石川県商工会議所青年部連合会の第3回役員会及び臨時総会を七尾市の番伊にて開催し、県内の商工会議所青年部のメンバーが集まり、平成31年度の県連会長並びに日本YEG出向理事候補として、白山YEGの新本雄一氏の承認が行われた。

 また、今年度の研修事業、平成35年度に向けて全国大会準備委員会の意見交換会なども行われた。

ジュニエコ

 8月26日(日)、第8回ジュニア・エコノミー・カレッジinななおの宿題確認作業(商品確定)が、商工会議所で開催した。各チームの商品について一つ一つ丁寧に、青年部メンバーと参加児童で商品確定に向け話し合われた。

 次の段階として、9月1日(土)、9月16日(日)にアクティブセミナーを行い、各チームの商品を作成するための資金調達にむけ、さらに調査・勉強して、模擬銀行や銀行出資者説明のためのプレゼンテーションなど、盛りだくさんの内容となっている。

8月定例会

 8月23日(木)、青年部は8月定例会をフォーラム七尾で開催し、6月に引き続きモリワン創業メンバーで、現在「漢方相談専門店」として株式会社中村固腸堂の代表取締役となられた中村寛二氏の『地域密着型の営業展開』と題した講演会を行った。

 中村氏からは、前回からの継続として「漢方相談専門店」に行きつく現在までのエピソードをさらに掘り下げて講演が行あった。

 この講演で「地域密着型の営業展開」「面談販売主体」という付加価値、「売上高より粗利益高を目標」とすること、さらに仕事をしていく上で自分たちのやりがいなどの話もあり、今後自分たちの仕事への有り様なども考えることができた。

ジュニエコ

 7月29日(金)、第8回ジュニア・エコノミー・カレッジinななおのドリームセミナー・サポーターセミナーが、ワークパル七尾で行われた。本年は8チーム37名の参加となり、児童・保護者が株式会社・商品企画・商品に関する様々なジュニエコのルールを学んだ。

 台風の影響により猛暑となっていたが、参加児童には木内会長の挨拶から始まり、粛々と講義が行われた。商品の企画、サンプルの作成などの宿題があり、8月9日(木)締切、8月26日(日)に、参加児童が商品の最終確定のため、チーム一丸となって青年部メンバーと打ち合わせを行う。

 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | 次ページへ→ >>