入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
会員企業ZOOM UP
公益財団法人 七尾城址文化事業団

七尾城史資料館

 七尾城史資料館は昭和38年、七尾城主の子孫である畠山一清翁により、能登畠山氏と七尾城の顕彰を目的に建てられ、中世のお城をイメージした外観となっています。

 館内には七尾城跡や城下から出土した天目茶碗、などの出土品をはじめ、城主愛刀、などの武器や武具、城主直筆の書翰なども展示され、戦国時代の七尾城の一端にふれることできます。平成29年度入館者は6,508人でした。100名城のスタンプ押印のみの方は、3,071人となり、年間1万人近く、七尾城史資料館を訪れています。

 現在、館内に七尾城CG(コンピューター・グラフィック)で七尾城のイメージを映して、城内の曲輪全体を映像で説明しています。

 今年9月16日には七尾城まつりが開催され、天神山小学校5年生と協力して、鎧兜姿で七尾城跡を巡り、まつりを盛り上げます。

 毎年、能登畠山氏の歴史と七尾城跡に関係した講演会も開催しています。七尾城まつりには、七尾城史資料館、懐古館は無料開放で入館できます。

 今、七尾城跡・七尾城まつりの写真コンテストの作品を9月30日まで募集しています。

懐古館(登録有形文化財・平成18年3月24日登録)

 懐古館は、七尾城と縁の深い古屋敷町にあります。約200年の昔に建てられた茅葺きの民家です。太い松の梁や欅の柱は深い雪を支えるだけでなくその威勢をも示しています。懐古館を包み込んでいる杉木立の庭園は、野趣にとみ、特に苔の生育に適しているため、40種類以上の苔が庭園をおおっています。

 七尾城まつりでは、前夜祭で「邦楽の夕べを開催し、大正琴・篠笛など」を演奏します。七尾城まつり当日は、「皇風煎茶禮式会」を開き、無料開放をしています。

  •  問い合わせ 七尾市古屋敷町タ部8-6
     七尾城史資料館 TEL・FAX 0767-53-4215
     懐古館 TEL・FAX 0767-53-6674
  • 開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日) *12月11日~3月10日(冬期休館)
  • 入館料 資料館・懐古館それぞれ
          一般:200円(160円)、大高生:160円(120円)
          ※( )は20名以上の団体料金。※中学生以下は無料

メガネフィッターSanpia(眼鏡と補聴器の店)

 七尾で30年余り営んでいる眼鏡店です。眼鏡店は祖父の代からですが、七尾では私は2代目です。元は駅前に小さな店舗を構えていましたがパトリアが出来た際に入店、その後ベイモールに移転した際に屋号を「サンピアメガネ」から、現在の「メガネフィッターSanpia」に変更し、現在に至ります。

眼鏡店の実態に衝撃

 先代の父から店を受け継いで程なく疑問に思った事があります。それは勉強すべき専門知識が多いのに、何の認定試験も受けずに、無資格で眼鏡店をやれる。と言う事実でした。

 自分も最初は実務的に必要な検眼と加工技術から学びましたが、専門書を取寄せると、幾何光学や屈折測定論、眼科学関係、レンズの構造や設計理論、フレームの素材や加工、構造の知識、その他にも沢山の、非常に勉強しがいのある分野です。にも関わらず、父の知り合いの量販店では、A4一枚の検眼マニュアルを覚えるだけで、加工は機械任せでOK。3日間の研修だけで即戦力です。店長の知識も支店によってばらばら。経験はあっても知識は新人と変わらない店長がいる店も珍しくありませんでした。必死で勉強している自分が馬鹿みたいで信じられませんでした。当時の衝撃は今でも忘れられません。

 私はwinkチェーンと言う全国チェーンに加盟して全国の眼鏡店の現状を聞きました。

 眼鏡店には唯一 認定眼鏡士と言う資格試験があるのですが、取得は難しく、また無資格でも営業出来るため、量販店の多くは無資格営業です。そんな事があっていいのか?私は奮起しました。2年間の勉強の後、試験を受け認定眼鏡士を取得。これを維持するにも毎年セミナーを受講して決められたポイントを得なければなりませんが、とてもやりがいを感じています。

今後の目標

 今は競合店が増えましたが、七尾にはうちの様な専門性を生かして皆様に貢献できる店は他にないので、末永く皆様のお役に立ちたいたいと思っています。なので、今まであまり力を入れていなかった販促等の勉強もしようと思っています。認定眼鏡士を維持するためにはそちらの勉強は欠かせませんが、少しずつでも、七尾の眼鏡店と言えばサンピアと言ってもらえる様に頑張って参ります。

  • 住所 七尾市小島町大開地1-78 ベイモール内
  • 店長 日高 一隆 氏
  • 問合せ先 0120-383-770
  • 定休日 水曜日

お宿すず花 お子様も大歓迎!家族みんなで温泉を満喫

おかげさまで創業54周年

 当館は当初、和倉温泉の中心部に位置する少比古那神社(温泉の湧出を感謝して建てられた神社)の側で「鈴鹿荘」として昭和39年(1964年)より旅館業を営んでおりましたが、2000年より所在を現在の位置に移し、2018年には創業54周年を迎えることができました。

 「鈴鹿荘」の名前の由来は、その少比古那神社にある「鈴」と、昔和倉温泉に多く住んでいた「鹿」(現在は住んでいないようです)、の字を頂き、鈴鹿荘という名前がつけられました。2007年6月に「鈴鹿荘」から「お宿すず花」と改めました。1代目が付けた「すずか」の名の響きを残したかった事、ひら仮名の持つ優しさ、女将の好きな花、などから「すず花」となりました。3代目は和倉町で育ち、一度東京に出て24歳の時に帰ってきました。若女将はかほく市出身です。

能登の季節ごとの美味しいお料理、歴史ある温泉を満喫できる宿です

 能登の四季折々の食材、旬の新鮮な魚介類、冬にはブリやズワイガニ、隣町・田鶴浜町の契約農家からは能登コシヒカリのお米を朝・夕炊き立てでお客様にご提供いたしております。

 開湯1,200年の和倉の湯。大浴場、露天風呂ともに源泉かけ流し+循環式で、湯の香潮の香、毎日綺麗な成分濃い温泉を引いております。疲労回復、腰痛、肩こり、各種効能やリラクゼーション、美肌効果がございます。

パパもママもお子様も家族みんながよろこぶ宿です

 可愛い色浴衣、ゆっくりお部屋食、女将手作りの離乳食や、赤ちゃん温泉デビューに欠かせないオムツや貸切風呂などなど…ご家族にとっての「嬉しい」心配りをたくさんご用意しております。

 客室数は17室。宴会場は最大70畳。小グループから60名様程まで各種ご宴会も承っております。

平成30年春にリニューアル

 大浴場(男性内風呂と女性内風呂)をリニューアルしました。イメージコンセプトは、室町文化、安土桃山文化、能登の城下町、畠山文化、雪、です。波穏やかな七尾湾、昇る朝日、西湾に沈む夕日、昔と変わらない能登の穏やかな四季の風景をイメージし、現代のタイル、LED照明が合わさって癒しの空間となりました。

 夜朝入替え制でどちらの湯船も楽しんでいただけます。また、新たにベッドタイプのお部屋も設けました。

 お部屋、温泉、お料理、エントランスのお花、能登の四季を大切に、これからも沢山のお客様をお迎えしていきたいと思っています。また働くスタッフが働きやすいバックヤードの整備やIT化にも努めていきたいと思っています。

  • 住所 石川県七尾市和倉町ル部4-7 〒926-0175
  • 問合せ先 0767-62-2420
  • 受付時間 8:00~21:00
  • http://www.suzukasou.com

←前ページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | 次ページへ→ >>