入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
環境政策委員会 御祓川大通り清掃活動

 4月26日(木)の午前7時半から8時、当所の環境政策委員会は、会員企業等に呼びかけ恒例の『御祓川大通り清掃活動』を行った。

 この清掃活動は毎年、ゴールデンウイーク中の青柏祭と花嫁のれん展を目当てに訪れる多くの観光客のために行っており、今年も御祓川大通り沿いの企業を中心に本委員会所属企業を含む総勢17企業・団体の131名が、能登食祭市場前からJR七尾駅までの同大通り沿いでゴミ拾い、草取り・除草、護岸の清掃に汗を流した。

 清掃活動は平成23年から今年で8年連続となり、恒例事業となっている。

【協力企業・団体名】

 西日本旅客鉄道株式会社七尾鉄道部、七尾都市開発、のとのと、日本郵便七尾郵便局、のと共栄信用金庫、北國銀行七尾支店、北陸電力七尾支社、香島津、御祓川大通りを花と緑で彩り隊、七尾花正、環境日本海サービス公社、ネオ工業、山成商事、北陸電気工事七尾支店、イソライト工業七尾工場、一本杉通り振興会、七尾商工会議所

春の風物、「小丸山城址公園さくらまつり」開催

 4月15日(日)、第38回小丸山城址公園さくらまつり(主催:小丸山城址公園保勝会)を開催した。

 今年のさくらまつりは、雨天のため舞台のイベントは中止になったが、花見茶会は公園そばの「寄り合い処みそぎ」で開催された。

 花見茶会は、表千家流三室社中の三室宗恵教授が席主を務め、当日は、気温が低い日だったにもかかわらず、260名程が来場した。来場者は、お点前を楽しんだり、三室教授の話に耳をかたむけたりと、春の優雅な一日を楽しんだ。また、桜の着物を身にまとった児童や生徒らのおもてなしに、皆自然と笑顔になっていた。

売上向上の第一歩「経営分析セミナー」を開催

 「経営発達支援計画」に基づく第一弾企画として、4月10日(火)に小規模な事業者を対象した経営分析セミナーを開催した。

 セミナーには、既存の小規模事業者や創業応援カルテットの支援による創業間もない事業者が参加。講師の中小企業診断士・森研介氏(迅技術経営)は、目標をもった経営の大切さを山登りに例えながらわかりやすく解説。目標の設定や達成のためにはまず自社の状況や自社を取り巻く環境(市場)を知ることが重要と指摘し、参加者は同業他社との比較方法や自社の強みの見つけ方などを学んだ。

 なお、七尾商工会議所ななお経営支援センターでは、今後5年にわたり、専門家を交えて管内小規模事業者を対象に事業計画の作成から販路開拓まで支援する。

 6月から個別事業所の支援に入るため、ご相談はお早めに。

石川県よろず支援拠点“能登サテライト”に 杉本良人氏が着任

 銀行退職後に、父親が設立した卸・小売業の経営に18年間携わり、様々な問題に悩み、経営課題に取り組みました。経営コンサルタントとして、建設業、製造業、サービス業の経営に副社長・顧問などの職責で参画したほか、多くの企業で資金調達、経営改善、事業再生、創業、事業承継などのお手伝いをしました。

 県内の中小企業経営者が抱える悩みの解決に向けて一緒に考えて参ります。お気軽に事業経営のお悩みをご相談ください。皆様のご相談を心よりお待ちしております。

【主な相談分野】
 売上拡大、資金繰り、経営革新、経営改善、事業再生、創業、事業承継、事業計画、事業継続計画(BCP)、雇用・労務管理、他 

石川県よろず支援拠点 能登サテライト Tel: 0767-52-1225

七尾商工会議所の「経営発達支援計画」が経済産業大臣から認定受ける

 小規模事業者支援法に基づき、管内小規模事業者の事業の持続的発展を支援するために七尾商工会議所が策定した「経営発達支援計画」が、3月16日付けで経済産業大臣の認定を受けた。

 本計画は、小規模事業者による事業計画の作成及びその着実な実施を支援することや地域活性化にもつながる展示会等の面的な取組を促進するため、商工会及び商工会議所が作成する支援計画のうち、小規模事業者の技術向上、新たな事業分野の開拓その他の小規模事業者の経営の発達に特に資するものについての計画を経済産業大臣が認定する制度。

 当所は、今後5年にわたり、管内小規模事業者を対象に事業計画の作成から販路開拓までマンツーマンで支援する。必要に応じて、専門家派遣や認定商工会議所の支援を受ける事業者向けの日本政策金融公庫の融資制度を活用しながら経営発達支援に共に取り組む。

←前ページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | 次ページへ→ >>