入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
第138回 通常議員総会 ~平成29年度事業報告・収支決算を承認する~

 7月3日(火)、役員・議員61名が出席し、第138回通常議員総会が開催され、平成29年度事業報告、各会計の収支決算等について審議した。

 冒頭、大林会頭は、「中小企業支援の拡充・強化は、ななお創業応援カルテットが発足した平成26年1月から現在までに創業に関する相談を156件受け、その内71件が開業。また、平成30年3月には、小規模事業者支援法に基づく経営発達支援計画が経済産業大臣に認定。今後5年にわたり、管内の小規模事業者を対象に事業計画策定や販路開拓等の支援取り組み、伴走型経営支援により経営課題の解決や販路開拓、新たな事業計画策定に事業者と一体となって取り組んでいく。この他、平成31年に開港120年を迎える七尾港の整備・利活用推進や、能越自動車道田鶴浜七尾道路延長3.4kmの整備促進など、産業基盤整備も進めていく。平成30年は、能登立国1300年という節目の年であり、七尾市の活性化を行政と一体となって進める事で、地域振興を目指していく。」と挨拶した。

 この後、大林会頭が議長となり、議案審議に入った。議案第1号平成29年度事業報告から平成29年度退職給与資金特別会計収支決算についてまで、事務局より説明があり、それぞれ異議なく可決承認された。高澤副会頭が閉会の挨拶を述べ、通常議員総会を終了した。

クリーン・ビーチななお2018 漂着ゴミ2トンを回収

 7月1日(日)、七尾マリンシティ推進協議会と七尾商工会議所は、『クリーン・ビーチななお2018』を能登島マリンパーク海族公園の海水浴場で開催した。

 市内の企業や専門学校など20団体から約300人が参加。持参した軍手や帽子を身につけ、浜辺に打ち上げられた漂着物やゴミ、海草などを拾い集め、海水浴前に海岸美化に取り組んだ。約2トンのゴミが回収された。

 大人に交じって子供達も参加し、「エコ de 工作」貝殻でフォトフレームの飾り付けに挑戦した。

《参加企業・団体》 国土交通省北陸地方整備局金沢港湾空港工事事務所、石川県七尾港湾事務所、SWS西日本田鶴浜工場、興能信用金庫七尾支店、北陸電力七尾支社、国際医療福祉専門学校七尾校、七尾みなとロータリークラブ、のとじまトライアスロン大会実行委員会、荏原商事能登支店、グループホームひかり、社会福祉法人能登福祉会、あっとほーむ若葉、七尾商工会議所青年部、リコージャパン、JAC、ヴェオリア・ジェネッツ七尾営業所、川田組、環境日本海サービス公社、ホンダカーズ石川、その他一般など。

豪華客船「にっぽん丸」が七尾港に入港

 6月23日(土)、豪華客船「にっぽん丸」が、のとしんにっぽん丸チャータークルーズ函館・秋田3泊4日の旅(6月23日~26日)として、矢田新第一埠頭に入港した。埠頭には、多くの人が出迎え、乗客を歓迎した。

 出港式では、大森信夫七尾港整備・振興促進協議会副会長(七尾海陸運送㈱社長)が主催の挨拶、西田昭二衆議院議員、不嶋豊和七尾市長、和田内幸三石川県議会議員が挨拶された。

 着物姿の七尾商工会議所女性会会員6名から船長らへ花束贈呈、大森副会長から船長への記念品贈呈の後、大林重治のと共栄信用金庫会長(七尾整備振興促進協議会会長)が返礼の挨拶を述べ出港式を終了した。

 にっぽん丸は、東みなとこども園児42名による元気な音が聞こえる楽器演奏の中、函館に向け出港した。6月26日(火)に、矢田新第一埠頭に帰港した。

常議員会 ~第138回通常議員総会について~

 6月21日(木)、常議員会が開かれ、常議員等30名が出席し、第138回通常議員総会提出議案等について審議した。大林会頭から、「物事は、出来ないと思ったら、出来ない。するからには、やり遂げるという信念をもって臨むことが大事」との挨拶の後、議事に入った。事務局長より議案の説明の後、承認された。

 この後、常議員・議員異動に伴う補充選任について、諸規程の制定および改正について、最後に新入会員の承認について審議され、すべて承認された。木下八重子女性会会長から、「女性会の会報誌である「まんでいい輪」が紹介され、今後も発行していく」と述べられた。

 最後に、杉野副会頭が「収益環境の厳しい中、経営のかじ取りが非常に難しい時代に入っている」との閉会挨拶の後、常議員会を終えた。

七尾城プロジェクト2018 七尾東雲高校生が七尾城、城史資料館を訪問

 当会議所は、昨年度に引き続き今年度も七尾城プロジェクトとして七尾東雲高校総合経営学科(観光コース)の生徒たちと共に七尾城の魅力発信と市内の回遊観光の促進に取り組んでいる。

 今年度は観光コースの2年生も活動に加わり、4月には3年生が一本杉通りと花嫁のれん館でガイド研修を行い、6月には2年生、3年生がそれぞれ七尾城でのガイド研修と七尾城史資料館の見学を行った。七尾城では市の観光ボランティアガイド「はろうななお」の平中氏と初見氏が生徒たちと共に約2時間かけて城跡を巡り、城の歴史や見どころを説明した。また3年生は矢田郷コミュニティセンターの永田センター長を講師にむかえた特別授業で「七尾城跡と地域づくり」についても学び、様々な面から七尾城への理解を深めた。

 今後は山の寺寺院群などでもガイド研修を行っていく予定で、生徒たちは秋に観光ガイドとしてデビューすることを目指している。

 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | 次ページへ→ >>