七尾商工会議所青年部
    Young Entrepreneurs Group

YEGとは基本方針組織図スケジュール今年度事業報告過去の事業報告会員事業所会員募集リンクTOP

 平成28年度 事業報告

3月定例会

 3月10日(金)、青年部は3月定例会を開催した。今回の定例会は各委員会の事業報告会と卒業式を行った。
 事業報告会では、今年度設置された経営力向上委員会、交流活性化委員会、ジュニエコプロジェクト2016実行委員会、総務・広報委員会から、それぞれの事業を行った成果や反省点などを発表した。
 引き続き、今年度で青年部を卒業する会員2名の卒業式を行った。小山会長より卒業生に卒業証書と記念品、花束の贈呈後、卒業生がこれまでの青年部活動を振り返りながらスピーチを行い、今後の青年部活動にエールを送った。続いて、出席者を代表した会員が卒業生とのエピソードを交えた、贈る言葉を延べ、定例会を閉会した。





2月定例会

 2月21日(火)、青年部は2月定例会を開催した。今回の定例会は今年度3回シリーズで開催した、プレゼン講座の最終回となり、前回と同様にプレゼン大学代表の田村隆氏から、[伝えたい想いとは何だ?プレゼン大学inNANAO~三学期 自分のプレゼンを1分でする「即プレ」]をテーマに講演会が開催された。
 田村氏からこれまでの講座で学んだ、日常で使える自社の紹介の仕方や話の組み立て方、話し方のコツなどを振り返り、参加者が各々、1分間で自社PRのプレゼンを行った。その後、田村氏が参加者各々に講評を行い、有意義な講演会となった。


1月定例会

 1月30日(月)、青年部は1月定例会を開催した。今回は、近年、資金調達の手法として注目されている、クラウドファンディングの勉強会を実施した。
 第一部では、今年度、日本商工会議所青年部の広報委員会に出向している、清水宏司会員より、現在、日本商工会議所青年部が取り組んでいる、クラウドファンディング支援事業について説明した。第二部では、㈱御祓川の代表取締役・森山奈美氏から、クラウドファンディングとは、どのような仕組みなのか、実例を挙げながら説明した。続いて、5~6名のグループでクラウドファンディング事業を立ち上げてみる体験型講座も実施し、理解を深めた。勉強会終了後、新年会も実施された。



創立30周年記念式典・祝賀会

 12月6日(火)、青年部は、創立30周年記念式典・祝賀会を加賀屋にて開催し、県内をはじめ全国より約170名が出席した。
 記念式典では、小山百代会長、尾形弘之初代会長の挨拶に続き、来賓として、普赤清幸石川県商工労働部長、不嶋豊和七尾市長、大林重治七尾商工会議所会頭、岡村寅嗣日本商工会議所青年部会長らが順に祝辞を述べた。また、尾形弘之初代会長をはじめとする歴代会長に感謝状と記念品贈呈も行われ、最後に狩山和宏直前会長が閉会の挨拶を行った。
 記念式典に続き、祝賀会が行われ、アトラクションで石川ジュニアジャズアカデミー(IJJA)による演奏の他、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された「青柏祭の曳山行事」で披露される木遣り歌が披露された。また、来年9月22日~24日に七尾市で「商工会議所青年部 第15回全国サッカー大会いしかわ七尾大会」の開催についても紹介された。




臨時総会

 11月11日(金)、青年部は臨時総会を開き、平成29年度会長に前山英規氏(七尾外材㈱代表取締役社長)を選任した。前山氏は青年部で経営力向上委員長などを歴任し、現在は副会長を務めている。任期は平成29年4月から1年間。


販売実践・まとめセミナー・決算発表会・表彰式

 10月1日(土)、青年部は第6回ジュニア・エコノミー・カレッジinななおの販売実践は七尾駅前広場一帯であった市民健康福祉まつりに出店を並べ、行われた。
 6の模擬株式会社に所属する児童29名がこれまでに作成したビジネスプランを基に、手作り看板やポップなどでお店を彩り、カレー、サンドイッチなどの飲食物や田鶴浜建具の写真立てやミサンガなどを販売し、商品が売れる喜びや店舗運営の苦労を体験した。青空の下、会場には多くの買い物客が集まり、大半の店が完売した。
 16日(日)には、同カレッジのまとめセミナー・決算発表会・表彰式を開催した。
 まとめセミナーでは、決算報告書を作成して、利益処分(税金、役員報酬、株主配当)を行い、8月から続けた会社の解散を行った。また、同カレッジでお世話になった後援・協賛企業などにお礼状も作成した。
 決算発表会では、売上額や仕入額、利益などの決算発表と合わせて、販売実践での、チームワーク、お客様とのふれあい、商品作りや販売での工夫なども発表した。発表後、株主に株券の買い戻しも行った。
 表彰式では、利益の全社合計の10%にあたる納税額と模擬銀行の借入利息額を加えた14,050円を七尾市に納税(寄付)した。経営状況やセミナーの受講態度、宿題の提出状況などの総合評価で、ポップコーンや田鶴浜建具の雑貨などを販売した、㈱NEWレインボー(田鶴浜小D)をグランプリに選んだ。グランプリ以外の成績は次の通り。

七尾市長賞:㈱Furawa(田鶴浜小C)/七尾市教育委員会教育長賞:㈱blue bird(山王小A)/ベスト・アイディア賞:㈱ポップストア(田鶴浜小B)/ベスト・チャレンジ賞:㈱なかよしスマイルガールズ(小丸山小A)/ベスト・フレンド賞:㈱トリックファンタジー(田鶴浜小A)






アクティブセミナー

 9月18日(日)~19日(月)、青年部は第6回ジュニア・エコノミー・カレッジinななおの第2回会合「アクティブセミナー」を開催した。
18日は、ふれあいセンター山びこ荘で行われ、6の模擬株式会社を経営する同市の児童29名が商売の仕組みや売価設定・利益について学んだ。
 講義終了後、児童が事前に調べてきた材料の仕入れ値を基に、仕入れの予算額、売上目標を立て、商品完売時の利益と分配時の株主への配当金額や役員報酬を決めた。それらを基に各会社はドリームボード商品編(事業計画書)と店作り編(店作り、広報戦略)を画用紙に描いた。
19日は、商工会議所で行われ、「帳簿のつけ方」等を学び、模擬銀行に対する事業説明会では、融資担当者役を務めた、のと共栄信用金庫の職員に店舗の内容や会社の特徴をドリームボードを使っての説明があり、借り入れを求めた。その後、会社説明会も行われ、児童は保護者に対して、同様に説明し、出資を求めた。





ジュニエコ ドリームセミナー

 8月7日(日)、青年部は「第6回ジュニア・エコノミー・カレッジinななお」の初会合「ドリームセミナー、サポーターセミナー」を開催した。七尾市内の3小学校、29名(男1名、女28名)の6チームは模擬株式会社を設立し、10月1日(土)に販売実践を行うための準備を始めた。
 開会式では、小山会長が挨拶し、昨年のグランプリを獲得した㈱YDKガールズ(小丸山小Aチーム)より、トロフィーの返還が行われた。引き続き行われたドリームセミナーで児童は、青年部の担当者から株式や借入金などの仕組みについて説明を受け、会社名や役員などを記した会社登記書を完成させた。また、保護者向けの説明会「サポーターセミナー」では、サポーター(保護者)としての役割や食品の取り扱いについて、説明した。



7月定例会

 7月27日(水)、青年部は番伊にて7月定例会を開催した。今回の定例会ではプレゼン大学講師の田村隆氏による、[伝えたい想いとは何だ?プレゼン大学inNANAO~一学期 お互いのプレゼン「ミラーリング」~]をテーマに講演会が行われた。田村氏からは、世界各地のCMや実験の映像を例に、プレゼンを成功させるためには共感が大事であると説明があった。引き続き行われたグループワークでは、100円ショップで販売している商品をどのように相手に欲しいと思わせるかや、会員同士が1対1で向き合い、お互いがお互いの事をインタビューし、その内容を相手になりきりプレゼンをするミラーリングという手法を使って、プレゼン能力の向上を図った。青年部では今年度にあと2回同様のプレゼン講座を開く予定である。




6月定例会

 6月28日(火)、七尾商工会議所青年部は当所にて6月定例会を開催した。今回の定例会では「七尾YEG会議」と題し、青年部OBの方からご講演を賜り、グループディスカッションを行った。
 始めに、青年部の成り立ちや組織についてなどの説明を受けた後、青年部OBの方をお招きして自身の活動経験から青年部として活動する意義や会議の進め方などの講演をいただいた。その後、4つのグループに別れこれまでの青年部活動を振り返るとともに、今後の青年部のあるべき姿についてのグループディスカッションを行いそれぞれのテーブルで出た意見を各テーブルの代表者が発表した。
 最後に小山会長が「今回の会議は青年部活動を考える第1歩にして今後の事業に役立ててほしい。」とあいさつをした。



石川県連会員大会小松大会

 5月19日(木)、七尾商工会議所青年部は小松市のホテルサンルート小松にて行われた石川県商工会議所青年部連合会会員大会小松大会に参加した。
 今回の会員大会小松大会は小山会長以下16名のメンバーで参加。会員総会では今年度の石川県青連会長の中村会長が「メンバー全員の活動で地域経済に勢いをもたらしましょう。」とあいさつをした。
 その後、昨年度の事業報告の承認と今年度の事業計画について協議が行われ承認された。講演会では北陸財務局経済調査課長の浦野伸義氏をお迎えし、「北陸経済の現状について」をテーマに北陸新幹線金沢開業1年目の経済波及効果や北陸地方の様々なデータの解説などの講演を賜った。
 懇親会では今年9月に富山県富山市で行われるの第36回北陸信越ブロック大会富山大会のPRや、10月の富山県高岡市で行われる高岡YEG50周年記念事業の「だいぶっさんてんinたかおか」のPRなどが行われ、石川県内の他単会のメンバーと懇親を深めた。



定時総会

 4月19日(火)、七尾商工会議所青年部は平成28年度定時総会を「あえの風」で開催し、小山百代会長((株)小山)をはじめとする役員の基本方針、事業計画、収支予算を決めた。
 小山会長は基本方針のなかで「七尾YEGベネフィット~YEGが自分のメリットになる~」のスローガンのもと、「ひとりひとりが、何のために青年部活動を行っているのか、他団体との違いは何かを明確にして青年部活動が自企業を発展させるメリットにしましょう。また、今年度は七尾商工会議所青年部が設立して30周年ということで、今後ますます飛躍が出来る組織を作っていきましょう。」と述べた。
 今年度は経営力向上委員会、交流活性化委員会、総務・広報委員会、ジュニエコプロジェクト2016実行委員会の4委員会を組織し、各種事業を行う。

「平成28年度事業計画」

◇経営力向上委員会(白藤達也委員長)
•講師例会(7月)
•スキルアップ例会(2月)
•YEGモール出展(委員会事業)

◇交流活性化委員会(川森孝一委員長)
•会員大会小松大会の参加(5月)
•交流活性事業の開催(12月)
2016だいぶっさんてんin高岡への参加(委員会事業)

◇総務・広報委員会(佐藤淳一委員長)
•定時総会
•30周年事業(未定)
•臨時総会(11月11日(金))
•卒業式(3月)
•各種大会等への参加動員

◇ジュニエコプロジェクト2016実行委員会(伊藤実行委員長)
•参加者説明会(7月)
•ドリームセミナー・サポーターセミナー(8月)
•アクティブセミナー(9月)
•販売実践(10月)
•まとめセミナー・決算発表会・表彰式(10月)


    

  
  

    


七尾商工会議所青年部
石川県七尾市三島町70-1 〒926-8642
Tel: 0767-54-8888 Fax: 0767-54-8811