入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
N-As(エヌ・アス)通信 2017年9月

ななお経営支援センター(N-As/エヌ・アス)開設から5ヵ月、経営のあらゆる相談窓口として、石川県よろず支援拠点能登サテライトが七尾商工会議所に開設されて4ヵ月。創業応援カルテットを含めた3機関の相乗効果により、8月末時点のN-Asを利用された、あるいは訪問を受けた方が、事業所ベースで815事業所(会員アンケートの訪問含む)、相談件数ベースで1,153回となった。

「全会員とのコンタクト」を目標に10月末までに巡回・窓口相談を実施

 当所では、N-Asの経営指導員による身近な経営相談や金融あっ旋ほか、よろず支援拠点能登サテライトのコーディネーターや創業応援カルテットとの連携で、専門分野から創業後のフォロー、日常の経営相談まで多面的な経営支援を行っている。

 現在、経営相談ニーズをお持ちの事業所への適切な対応を行える態勢づくりと多様な支援機能普及のために、10月末を目標に全会員との接触機会を持つべく、全職員が巡回訪問や窓口相談に当たっている。

 その際に、当所や自治体に対するニーズや経営実態把握のためのアンケート調査や一定条件に当てはまる事業所を対象にした事業承継診断を実施させていただいているのでご協力を賜りたい。

事業承継の実態を把握するための県の「事業承継アンケート」にご協力を

 県のアンケートは、石川県産業創出機構(ISICO)が、商工会議所や金融機関などに委託し、事業承継の実態把握と計画的な準備への着手を促す機会としていただくためにアンケートの形で診断を行うもの。

 県内でも、2016年の休廃業・解散件数が280件で倒産件数の4.4倍となるなど、中小・小規模事業所の事業承継、後継者難が地域経済における最大の経営課題の一つとして早急な対応が求められている。

 N-Asでは、事業承継問題の解決を主要事業に位置づけ、よろず支援拠点能登サテライトや金融機関との連携で支援を行っているが、今回のアンケートを通じて、承継の実態と意向把握に努めるとともに支援機関のノウハウ共有、連携強化に寄与し、承継に至る段階ごとの切れ目のない支援が行える環境を整えたい。

 なお、一定条件に該当する50社以上を対象にアンケートを行うので、事務局職員やよろず支援拠点コーディネーター訪問の際には、ご協力をお願いしたい。

創業者どうしの身近な情報交換の場として「ななおカルテット村交流会」を開催

 昨年8月に発足した、ななお創業応援交流NET「ななおカルテット村」が開村1周年をむかえ、交流会を開催した。

 交流会に先立ち、「儲かってますか?変動損益計算書で経営状況を理解する」と題して、創業応援ミニセミナーを開催し、当所の中村が創業後のフォローのための講義を行った。

 その後、大田新町の焼肉武蔵(平成28年6月創業)に移り、創業者、創業希望者、支援機関担当者ら20数名が参加し交流会を開催。近況報告や業種を超えた情報交換、創業希望者や支援機関へのアドバイスなど、各テーブルで熱い交流が行われた。