入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
平成29年度 事業計画

□.基本方針

 七尾商工会議所は、昨年創立70年を迎え、新たなスタートをきりました。爾来、先人の皆さまの熱い思いと格段のご努力により、地域経済の中心としての役割を果たしてまいりました。

 さて、米国の新大統領に就任したトランプ氏は、新たな政策を打ち出しております。経済、安全保障等、わが国に関わる重要課題も多く、新政権の今後の動向を注視していく事が大切と思われます。

 明るい話題としては、昨年12月1日に長い歴史を誇る伝統祭事「青柏祭の曳山行事」がユネスコ無形文化遺産に登録された事であります。

 こうした地域伝統の祭りや、能登ふぐ、七尾城址など、多くの地域資源を活かした地域戦略の構築により、交流人口拡大など地域の魅力向上に繋げていく事を推進していきます。

 このような中、七尾商工会議所の本年度の重点事業としては、七尾駅前複合商業施設パトリアへの協力・支援、また、平成26年1月に「ななお創業応援カルテット」を発足し、創業件数52件の実績をあげる事ができました。今後も創業者のフォローアップの継続と新たな創業者の掘り起こしを行いながら、地域経済の向上を目指します。

 本年度は、「ななお経営支援センター」を開設し、当所会員企業はもとより、創業希望者などの皆さまに対する経営支援強化を重要なミッションの一つとして取り組んでまいります。

 産業基盤整備推進では、能越自動車道田鶴浜IC~七尾IC間の整備や七尾港の整備と併せ利活用の推進など引き続きインフラ整備を推進してまいります。

 また、和倉温泉の賑わい創出・魅力向上の一環として和倉温泉お祭り会館(仮称)建設を行政との連携を強化し、促進してまいります。

 定住人口の減少と少子高齢化、廃業による地域事業所の減少など、当地の経済状況は益々厳しさを増している時こそ、七尾商工会議所は、地域総合経済団体として、地方創生の一翼を担い、地域と企業に信頼される商工会議所を目指す事をお誓いし、本年度の基本方針と致します。

-----------------------

□.重点事業

  1. 七尾駅前複合商業施設パトリアへの協力・支援
  2. ななお経営支援センター開設
    (1)ななお創業応援カルテット事業の推進
    (2)経営革新・事業承継の強化
  3. 産業基盤整備推進
    (1)能越自動車道田鶴浜IC~七尾IC間(9.5km)の事業促進
    (2)七尾港の整備・利活用推進
     (イ)七尾港国際物流ターミナルの事業推進
     (ロ)クルーズ船誘致事業の推進
  4. 和倉温泉賑わい創出・魅力向上
    (1)和倉温泉お祭り会館(仮称)建設促進
  5. 「青柏祭の曳山行事」ユネスコ無形文化遺産登録に伴う保存・継承・受入れ体制の充実

-----------------------

□.予算内訳(単位千円)