入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
女性会
全国商工会議所女性会連合会 徳島総会

 9月28日(水)、全国商工会議所女性会連合会は、徳島県のアスティ徳島で「第48回全国商工会議所女性会連合会徳島大会」を盛大に開催した。

 全国から342女性会の2,358名が参加し、七尾商工会議所女性会からは木下八重子会長他7名(県内女性会は41名)が参加した。

 冒頭、全国商工会議所女性会連合会の山崎登美子会長より「商工会議所の使命は、地域経済、社会を元気にすることであります。その一躍を担う女性会は、おもいやりの心で地域の多様な主体と連携し、女性活動推進や地方創生に向けて、これまで以上に強いリーダーシップで明るい未来の構築に向けて頑張ってまいりたいと思います」と挨拶があった。

 その後、女性起業家大賞や全国商工会議所女性会表彰授賞式も行われた。

 記念講演会では、学校法人 昭和女子大学理事長・総長 坂東 眞理子氏が「女性の経営-新しいビジネスの地平を拓く」と題する講演があった。

 坂東氏は、「女性がお互いの強みと長所を発揮し、人を助ける、短期の利害を超えて長期的な信頼を目指すことで、結果として日本経済全体に持続的な成長、成功がもたらされるのではないか」と述べた。

 引き続き行われた懇親会では、阿波人形浄瑠璃・阿波おどり、ジャズ演奏などが披露され、会場内は大いに賑わい大盛況のうち大会を終えた。なお、来年は、北海道で開催される予定。