能登地方には、前田利家の足跡を伺わせる文献資料やゆかりの地が、多く遺されています。本ホームページは、前田利家が居城を構えた七尾に関する資料を中心に、加賀百万石の礎となった能登を、広く知っていただくため開設しました。

Powered by Nanao Chammber of Commerce and Industry


かぶき者「前田利家」誕生

小丸山城跡登口【七尾】
小丸山城跡登口【七尾】

能登七尾へ
「前田利家」小丸山に築城
「前田利家」をめぐる人々
「前田利家」ゆかりの地
「ゆかりの地」地図
七尾市への交通アクセス
七尾市の観光リンク集
お問い合わせ

 能登地方には、前田利家の足跡を伺わせる文献資料やゆかりの地が、多く遺されています。

 本ホームページは、前田利家が居城を構えた七尾に関する資料を中心に、加賀百万石の礎となった能登を、広く知っていただくため開設しました。

 織田信長により天正9年(1581)、能登に封じられた前田利家は、天正10年に能登畠山氏が築いた難攻不落の山城「七尾城」から、港に近い独立丘陵の「小丸山」に新たな城を、麓には城下町を形成し支配拠点としました。新城の名称は諸説ありますが、ここでは地名から「小丸山城」としています。

 小丸山城は、港を中心とした経済活動を優先し、拠点とするには最良の場所でありました。城下町も、主要道路によって整然とした街区割をした最先端のまちづくりをしています。

 しかし、防衛拠点としては小丸山城だけではなく、城下町を含めて守りを固めています。特に、この小丸山城下町の周囲には多くの寺院を配置し、守りを固めていることが特徴的ですし、七尾市街北西側の丘陵地帯に配置された「山の寺寺院群」は、有事の際は野戦陣地として機能するように考慮されたとも言われております。

 しかし、翌天正11年には、前田利家は金沢城に本拠を移し、小丸山城は兄安勝、次男利政に委ねられます。

 現在、城跡は小丸山公園として整備されておりますが、城下町の町割りや町名、「山の寺寺院群」など、七尾市には、前田利家の足跡が数多く残されています。


制作・著作:七尾商工会議所情報対策委員会
協力:七尾市教育委員会文化課. 構成監修:善端直. 写真(C):長齢寺.間蔵俊甫.