入会案内メールマガジン地図お問い合わせ個人情報保護方針
事業報告
七尾街づくりセンター(株)事業推進員

ローカルベンチャー推進事業アテンダント、移住コンシェルジュが決定

 七尾街づくりセンター(株)が、まちづくりのために募集していた「ローカルベンチャー推進事業アテンダント」と「移住コンシェルジュ」が決定した。

 ローカルベンチャー推進事業アテンダントには、大阪府在住の友田景(ともだ けい)氏を採用し、企業支援・支援企業雇用者の増加を任務とし、移住コンシェルジュには、七尾市在住の太田殖之(おおた のぶゆき)氏を採用し、多くの人を七尾市に移住させることが任務となる。

 10月1日(日)より「しるべ蔵」に両者とも勤務し、七尾市の活性化に寄与することに意欲を示している。

友田 景(ともだ けい)氏 太田 殖之(おおた のぶゆき)氏
ローカルベンチャー 推進事業アテンダント
友田 景(ともだ けい)氏
移住コンシェルジュ
太田 殖之(おおた のぶゆき)氏
第6回七尾商工会議所・中能登町商工会・能登鹿北商工会ゴルフ大会

 9月29日(土)、第6回七尾商工会議所・中能登町商工会・能登鹿北商工会ゴルフ大会は、能登島ゴルフ&カントリークラブで143名が参加して開催され、会員相互の交流を深めた。

一般の部
  1. 優勝 増田大和さん エビアンゴルフクラブ
  2. 準優勝 郷社信作さん (有)郷社吹付塗装
  3. 3位 西崎高則さん (有)サンフォト
女性の部
  1. 優勝 小林静枝さん 弁当こばやし
  2. 準優勝 深川眞澄さん 中央茶廊
  3. 3位 野竹夏子さん (有)野ばら
   
一般の部・優勝者 増田大和さん 女性の部・優勝者 小林静枝さん
豪華客船を七尾に・・・ 客船ポートセールスを実施

 9月28日(木)・29日(金)、七尾港整備・振興促進協議会は、首都圏客船ポートセールスを実施した。

 参加者は、七尾商工会議所副会頭 小田孝信氏、石川県商工労働部港湾活用推進室長 大霜祥栄氏、七尾市産業部長 前田健氏、七尾海陸運送専務取締役 川島光雄氏など総勢8名。

 訪問先は、JTB首都圏クルーズ事業部、商船三井客船、東武トップツアーズ、読売旅行、カーニバルジャパンの5社。

 外国船のクルーズを専門としているカーニバルジャパンから、外国の客船が寄港できる港を模索している。特に、14万トン級の客船が今後運行されるこの機会を捉え、まず客船クルーズの担当者を招聘しセールスをするように等の提案があった。今後も、客船の七尾港寄港による七尾市活性化のために活動を継続していく。

七尾城プロジェクト・七尾東雲高校生が観光ガイドデビュー

 9月16日(土)、七尾城プロジェクトに取り組んだ七尾東雲高校の生徒たちが七尾城跡で観光ガイドとしてデビューした。

 当日は七尾市民や観光客、当会議所やのと共栄信用金庫、学校関係者など30名が参加した。生徒たちは3名ずつ3班に分かれ、手作りのマップを使いながら参加者に七尾城の歴史や魅力について説明した。

 3班のうち1班は市内の外国語指導助手(ALT)4名を英語でガイドした。最初は緊張した様子だった生徒も次第に調子をあげ笑顔で身振り手振りもつけながらガイドしていた。

 参加者からは「説明を受けてより七尾城の魅力がわかった」などの声があり好評だった。ガイドをした生徒は「七尾に観光客がいっぱい来て欲しい。また頑張りたい。」と力強く語っていた。

 ※生徒がガイドとしてデビューするにあたり七尾市観光ボランティアガイドはろうななおの方々にはたくさんのご協力をいただきました。この紙面をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

日商簿記検定3級合格を目指して 第49回簿記講座を開講

 9月15日(金)、全25回の日程で11月17日まで行う『第49回簿記講座』を開講した。講師は、元石川県立高等学校教諭の谷屋廣氏。受講者は、製造業・小売業・サービス業・建設業等から11名が受講した。

 簿記を初めて習う方、検定試験を目指す方、仕事に活かす方が対象。基礎的な商業簿記の原理や記帳、決算などに関する初歩的実務の理解を目指していく。

 谷屋講師は「企業があるところには必ず簿記がある。企業の経営内容は全て簿記会計で表現でき、経営管理能力を身につける基礎技能。どんな時代でも簿記の知識が必要である。皆さんに企業の経営内容を数字で読めるようになってほしい」とこれから始まる講座への意義を説いた。

 講座は親切丁寧で分かり易く、初めて簿記を習う方も段々に理解を深め、仕事帰りにもかかわらず疲れも見せず熱心に聴き入っていた。

 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | 次ページへ→ >>